スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のお便り

2010.02.28.Sun.21:00
3寒4温を繰り返して春が近づいてきます


そんなmomsa家に春のお便りが舞い込みました


ブロ友のポコの母さんから春がいっぱい 


100228_122434.jpg


ブログの中で紹介していたポコちゃんの名刺

欲しいなぁってつぶやいてたら

届いたの 

100228_122522.jpg

そしたらポコ母さん一緒にいろんなものを入れてくれました


ポコちゃんの缶バッジ   もうっめっちゃキュート

100228_122922.jpg
裏はマグネット
100228_122947.jpg


そして私にチロルチョコと雪苺ラテ

100228_123202.jpg

いちご大好きなの~    しあわせ  

100228_123309.jpg


もうすぐ迎える息子クオレにも 

100228_202510.jpg

まだあげられないけど 

ちょーだいっておねだりする顔が浮かびます 


ポコの母さんどうもありがとうございました 


  ☆きゃわゆいポコちゃんのブログは   メタボポコの日記




ポコの母さんと出会った初期に

pomoの体重を聞かれたことがありました

そしたらポコ母さんたらお仕事から帰って急いで返事をチェックして

pomoがポコちゃんの半分で  ってなっていたのが

ものすごく印象に残っています 

ポコ母さんは忘れちゃってるかもしれませんけどね 



いまおともだちにさせてもらっているみなさんの

本人は忘れちゃってるかもしれないエピソード

私の心に残っている大切な宝物です 


スポンサーサイト
続きを読む "春のお便り"

すくすくだね

2010.02.25.Thu.00:07
ブリーダーさんのもとですくすく育っているクオレ 


なんと既に2.1kg.となったそうです
(pomoが生後80日くらいで家に来た時1.6kg.)


20100223cx.jpg



20100224cx.jpg

CUOREにままがんばれぇって励まされちゃった

親思いな息子らしい 



お礼とお詫び

2010.02.23.Tue.01:27
前記事にコメントくださった方々

どうもありがとうございました


それぞれお返事を書こうと思いましたが

みなさまのあまりにあたたかい言葉を読んで

また涙がとまらなくなってしまって

指が全然動きません。。。。


それで、この場でみなさまにお礼とお詫びを申し上げます

あたたかいコメントをありがとうございました

そしてお返事書けなくて申し訳ありませんでした





年も変わり

クオレを迎える日が近づき

旅行にも行ったりして

自分なりにかなり前向きに立ち直ったつもりでいたのです


pomoのこと思い出を語れるようになって

天国に行ったのだということを

やっと受け入れることができたと思っていたのです


でもまだ悲しいとか寂しいとかやるせない思いが残っていて

時折おさえきれなくなってしまいます



溜め込むと気がおかしくなりそうになるので

みなさまのコメントにもありますように

無理はしないで少しずつ消化していこうと思います


pomoちゃんと過ごした日々が楽しすぎたから

時間がかかっちゃうんですよね


もしかしたら

またブログで泣き言をいうかもしれませんが

どうか大目に見てくださいませ

きっとみんなやさしいから「いいよー」っていってくれると思って甘えちゃいます 


なんだか お詫び といいながらわがままなこと言ってますね


みなさま 本当にあたたかいお言葉をありがとうございました

クオレのこともあるし、気を取り直してこれから元気を出していこうと思います


どうかこれからもよろしくお願いいたします



090228xa


pomoのあしあと13

2010.02.21.Sun.18:37
先日金曜日はお休みで家にいましたが

ふいにpomoを思い出したら

涙が止まらなくなり 

泣きながら洗濯したりしたけど

家事も何もほとんどする気力が出てこず

コメントのお返事もできませんでした(ごめんなさい)


いまだ時折襲ってくる情緒不安定?の波にのまれてしまいました

ペットロスはまだ克服できていなかったみたいです


+o。。o+゚☆゚+o。。o+ +o。。o+゚☆゚+o。。o+ +o。。o+゚☆゚+o。。o+


pomoちゃんとはじめての旅行

河津でした


2006年3月のことです

河津桜を見に行きました

河津桜060304_0745


四季の蔵というお宿

食堂に同伴OKで連れていったら

スタッフのひとりの男性が

まるで赤ちゃんをあやすような大袈裟な身振りや声を出すので

pomoが怖がってしまい、その人が近づくたび吠えてしまいました

怖がるからやめてくれって言えなかった私

pomoにはかわいそうなことをしてしまいました 



家以外では食事をとれなかったpomo

この旅行中も車の中で少しおやつを食べただけでした

トイレも外に出ないとできなくて…

神経質なコでした 




2009年2月 ふたたび河津へ

 この時の記事  春の旅 (クリックで開きます)

少しおとなになったpomoちゃんの様子を思い出します

体操着似合ってたこと、覚えている方もいらっしゃるでしょう

090213xb.jpg



昨年のことなんですね

まだ半年しか経っていないのがうそのようです



この時撮ったこの写真が

後に雑誌に掲載されて不意打ちをくらった写真です

sakura090212.jpg


このにこにこはもう見られないけど



そのはクオレに引き継がれました

20100219xb.jpg



こうしてpomoのことを時折思い出しながら

また新しい思い出を作っていくのですね  


九州上陸・最終章

2010.02.18.Thu.22:18
昨日は一息ついてクオレくんをご披露しましたが
旅日記は今回で完結ですよ~



雨も上がったので

一壺天で朝食と朝風呂を堪能したあと

由布院の観光へ


まず 金鱗湖


湖底の一部から温泉と水が湧いている珍しい湖です
一年を通して水温はあまり変わりません

100212_110233b.jpg


冬にはその温度差のため湖面から霧が立ち上ります

100212_110247.jpg


すぐ目の前の山がてっぺんの方だけ白くなっていました
この日は雨は上がったけど寒かったんです

100212_110319b.jpg


湯布院を作った三大旅館
亀の井別荘・玉の湯・山荘無量塔
機会があったら一度泊まってみたいですよね


そのひとつ亀の井別荘の敷地内には小さな朝市などのショップがありますが


その中にある 茶房 天井桟敷 を
旅館の方に薦められ行きました 


最初はドリンクのみ注文しましたが、
来訪者ノートに必ず書かれている モン・ユフ なるものが気になって
仕方がないので追加注文しちゃいました

100212_113307b.jpg
  コーヒーはおかわりがポットで付いてきます


これが mont・yufu(モン・ユフ)

100212_113319b.jpg

クリームチーズのケーキです
ホイップクリームとレーズンが乗っかって粉糖がかかっています
由布岳(mont・yufu)のイメージなのでしょう



御土産物屋通りをさっくりと歩いて回り

なんたらいう金賞をとったコロッケを食べ

由布院を後にしました


ここでまめまめまめ知識 
由布院は昔からある地名 湯布院は合併後に出来た町名 です
以上 超かいつまんでみました





そして別府へ


別府といえば 地獄巡り

全部回る時間の余裕がなかったので2箇所


☆海地獄

100212_133025b.jpg

コバルトブルーは硫化鉄が溶解しているせいです

100212_132831b.jpg

きれいで触ってみたくなるけれど、98℃あるんですって

100212_132734b.jpg



血の池地獄に行こうと思ったら
海地獄の敷地内にほぼ似ているものがあったので これでいいや 

100212_133454b.jpg

これは酸化鉄・酸化マグネシウムが溶解した泥のせい

100212_133702.jpg



☆鬼石坊主地獄

100212_134333d.jpg

灰色の熱泥が沸騰する様が坊主頭のようだからそう呼ばれています



正確な連続写真ではありませんが

100212_134437b.jpg

100212_134604b.jpg

100212_134445b.jpg

100212_134506b.jpg

100212_134402b.jpg

膨らんでは破裂する様子、なんとなくわかりますか?


泥パックにしたら良さ気なキメの細かい泥ですがやはり98℃あるそうです
火傷しちゃいますね


以上で私達の地獄巡りは終了


大分空港近くのレンタカーショップへ契約時刻ピッタリに返却


心残りだった

大分名物 とりのてんぷら を
 (また写真ないのよ~)

空港内のレストランで食べることが出来たので

思い残すことなく帰京の途につきました



これで2泊3日の九州上陸日記は終了です

再上陸は果たしてあるのでしょうか?

あるとしたらもんのすごい先の話でしょうねぇ 

長~い旅行記におつきあい頂きありがとうございました (ωV_vω)ペコ

ご対面 その2

2010.02.17.Wed.00:27
〔2月6日の様子です〕


前回仕事でご対面を逃したpapaとこの日一緒に会いに行きました 



一週間でまた成長して

動く 動く

まともな写真が撮れません 



左側でじゃれているのが クオレとパーチェくん

真ん中で湯たんぽのひもをかじかじしているティアラちゃん

右端ちょこんと座っているベティちゃん

100206xe.jpg



もうしっちゃかめっちゃかで何を撮っているやら

100206xc.jpg



わーい クオレのかみかみGET 

100206xb.jpg


かぷっとしに突っ込んできたのはカメラ大好きティアラちゃん

100206xa.jpg


papaになでなでされるクオレくん(ちょっとボケちゃった)

100206xd.jpg



 そして


 ちょっと


 ショッキングな画像を


 お見せしましょう



     ほんとは


         見せたくないけど 



クオレを抱っこするpapa

0206Image108.jpg

ちょっとちょっとぉ

  そ、そのぺろぺろは

    私のものだったはずなのにぃ~~~



調子に乗って

0206Image109.jpg


 ま、仲良しになるに越したことはないけどさ 



ひどいのは papa


こんな貴重な抱っこ写真を撮ってあげたのに


私に対して


  撮ってあげる


     の ひと言が ありませんでした 



☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆ ☆゚+。☆。+゚☆゚+。☆。+゚☆


きちんとしたのが撮れなかったので
整列したお写真をブリーダーさんからお借りしました

20100204x.jpg

続きを読む "ご対面 その2"

続・九州上陸

2010.02.15.Mon.22:06
またまたつづき編です


二日目も雨は止まず

というより九州全域が雨 

チェックアウトタイムぎりぎりまで滞在して

大分へ向け出発 


真っ黒でモダンなはずの由布院駅は改修中でカバーがかかっていたので
外観は見られず…

改札口がないのが珍しいって書いてあったけど
ちゃんと駅員さんが出入口にいるのでなんら変わり映えしない光景
に見えるのは心がすさんでいるのかしら? 


傘があっても雨宿りしないと跳ね返りでびしょ濡れになりそうなほどの雨

当然由布岳も雲の中 


仕方がないのでぶらぶら歩いてコーヒータイム 
がっつり食べた朝食のおかげでランチを取る余裕はありませんが
ロールケーキは美味しかったです 


ゆふいんバーガーが人気で興味を惹かれましたが胃が無理と判断 

で、ゆふいんバーガーの特徴って何? 



雨で観光する気分にならないので早々に旅館へ 



二日目のお宿は 一壺天(いっこてん) さんです


全6室 離れで専用半露天付き(100%天然温泉・源泉掛け流し)

それぞれ特徴が違います


私達の部屋は韓国風


 ↓ 庭から撮った離れの建物

100212_084842b.jpg


 それぞれ門に部屋の名前があります

100212_084944.jpg


 玄関広いです

100212_085041b.jpg


 部屋はこんな感じ

100211_153325b.jpg


 隣に寝室があります

100211_153459b.jpg


 窓のそとに縁台

100211_154142b.jpg

 と お風呂が少し見えます(半露天の部分)

100211_154200b.jpg


 内側から撮影

100211_153854b.jpg
100211_153841b.jpg



チェックインより30分も早かったのに快く対応して下さいました

お陰様で大浴場の一番風呂を頂くことができました 



例によって お料理の写真はありません 

それは

またまた 食べちゃった からで~す 
(いい加減にしろって声が聞こえてきましたがきっと空耳だわw)


食事は母屋の個室でいただくのですが朝と夜は別室でした

いろいろな場面で趣向を凝らしているのですね


夕食ではやはり最初にアルコールは飲めないと言いましたが
お口直しのシャーベットはお酒入り・・・
替えがきかなかったんでしょうね 

でも、「遠方から」ということで、当初のメニューにはない関サバの棒寿司
女将の配慮で差し入れてくださいました 

食べ切れずに残した鴨とお芋の炊き込みごはんを御握りにして下さり
それに柚子茶を添えて下さいました


旅館のちょっとした配慮って印象がよくなりますよね 


さて、いよいよ次回はラストです 


九州上陸のつづき

2010.02.14.Sun.22:32
前回からのつづきです


恐ろしいほどのタイミングで土砂降りの雨に濡れずに済んだ私達 

あと10秒外にいたらずぶ濡れでした


ワイパーを高速にしても張り付く雨粒でフロントガラスが滲んで視界不良の中

熊本市街に別れを告げて阿蘇方面へ向かいます 



雨と霧で前方十数メートルしか視界がありません

景色はといえばまっ白のみ

原野とか牧場とか展望台とか無縁の世界に入ってしまいました

100210_152907b.jpg

  ↑これは車中から撮影したものです
   ガラスが曇っているのではありません



道路にはよく名前がついていますね

フラワーロードとかスカイラインとかオレンジロードとか…

この道は ミルクロード といいます

地図を見ると○○牧場などがあるので単純にそうなのかと思っていました

 が、

牧場のミルクではなく 霧でまっ白になるから ミルク なのだと

後に宿の人との会話で判明しました

大きく納得してしまいました 



さて、1日目の宿は

奥黒川温泉にある

  里の湯 和らく さんです

100211_110435b.jpg
   ↑入り口の門

基本二人の11室(13歳以上のおとなの宿です)

専用半露天風呂付き!(100%源泉掛け流しの温泉)

母屋は昨年7月にリニューアルした際新潟県糸魚川から移築した築180年の古民家です



近所の農家さんが作ったお迎え菓子の草団子と抹茶でほっと一息ついて

お部屋へ


シモンズのセミダブルベッド&ソファの洋室です

100210_162754b.jpg


その奥にはバルコニー

喫煙者のpapaにはここが重要ポイント

100210_162838b.jpg


天井がすごい! 梁とか古民家のものかな…

100210_164914.jpg


専用のお風呂
源泉掛け流しで24時間入り放題!

100210_163005.jpg

黒川温泉は硫黄泉です
草津温泉ほど臭くありませんが、弱い方は少しずつ慣らしが必要ですね

他に共用の露天風呂が2つ(時間男女入替制)あります
生憎の土砂降りの為断念しましたが入ってみたかったです
片方は洞窟みたいになっていたのでpapaが入りました



お部屋には 浴衣・上着・ガウン・パジャマ・靴下(足袋)が用意されています
(床暖房になっているので裸足でも平気でしたけど)

化粧品は必要だけどあとは何も持たずに行ける感じですね



毎度のことながら食事の写真はありません

それは

食べちゃったからで~す ≧(´▽`)≦アハハハハハ


品数も量も味も大満足ですが

特筆したいこと…

最初にドリンクを聞かれた時、アルコールを飲めないと話したら

デザートを何も言わずにシャンパンのソルベからクリームブリュレに変えてくれました

そんな気遣いのできるスタッフはステキですね 


朝食も撮影していませんが、品数も多く味も良く昼食なんて必要ないほどでした




 ロビーにあったお雛様です ↓ 可愛かったので 

100211_110038b.jpg



すべてが気持ち良く、1泊なのがとても残念に思える宿でした 



さて、次は大分編へつづきます 

九州上陸

2010.02.13.Sat.22:14
pomoがいた頃は ペット可 の宿を探しての旅行でした

とてもpomoを預けて泊まりがけの旅行には行けませんでした

行けない理由は pomoが ではなく 私が なんですケド 

家にpapaとpomoをおいて外泊すると気掛かりで仕方がないんです

pomoも「なぜいない?」とずっと玄関を見つめていたようです

だから一緒の旅でなければいけなかったのです



CUOREが来たら同じことになるのは目に見えています

心置きなく行ける今だからちょっと脚を伸ばしてみました


最初は海外を予定したのですがpapaがそんなに休めない

でもpapaのマイルを有効利用するために飛行機で 

こんな機会だからちょこっとお贅沢な計画を 


黒川温泉~湯布院 の 旅 


いざ熊本へ 


11時半到着してレンタカーを借りて


目指すは


まず 熊本ラーメン でしょう 

ということで 黒亭 で 腹ごしらえ

中細麺とあっさりめのとんこつ、焦がしにんにくが効いています



お腹も満たされ

どんよりと曇った空の下でも

一応熊本に来たからには

やっぱり 熊本城 を見なくては! 


 


備前堀を越えて 頬当御門から入ります

100210_132428b.jpg



まず、本丸御殿を見学


大広間(対面所)

100210_134056b.jpg

鶴之間が60畳・梅之間・櫻之間・桐之間・若松之間と続き
それぞれは襖で区切ることが出来ます

奥見えますか?

対面っても顔見えなかったでしょうね (笑´∀`)


一番奥は金箔の襖で豪華!

100210_134252b.jpg

アップで… 絵も素敵なんですよね

100210_134312b.jpg




その奥は 藩主の居間(昭君之間)

100210_134501.jpg

壁から襖・天井まで 目の眩むほどの金ピカ障壁画で飾られています

   天井 ↓
100210_134435b.jpg



側面に房の付いた小さな襖の扉があります(ちょっとピンボケしちゃいました)

100210_134447b.jpg

この奥に所謂SP(護衛)が隠れていて
いざというとき藩主を守る態勢でいたのではと推測されているそうです
(覗き穴があったかは確認されていないとのこと)


これらの復元にはなんと! 54億円かかったそうです



本丸御殿は2つの石垣を跨ぐように建てられたための地下通路があり
それを 闇り通路(くらがりつうろ) と呼ばれています

通路の天井の梁がすごかったので撮ってみました

100210_141359b.jpg




次に天守閣

現在の天守閣は昭和35年に外観復元したものです

100210_133017b.jpg

地上6階地下1階 
石垣の上から高さ約30m

100210_133416.jpg


天守閣からの眺めはこんな感じです

100210_140111b.jpg

100210_140129b.jpg



全部は見られませんでしたが、だいぶ堪能したので
旅館へ 

と、車に乗った瞬間でした

滝のような雨  


 次回へつづきます

ご対面 その1

2010.02.09.Tue.16:24
〔1月30日の様子です〕

私がひと足先にクオレとごたいめ~ん

100130a.jpg
まともに撮れたのはこれだけ 
ヨシって思ってもシャッターを切るタイミングで動くしぃ 
もしかして、わざと…?



なかなかシャッターチャンスに恵まれず

ブリーダーさんに抱き上げていただきました^m^

20100130d.jpg
なんか迷惑そうな顔 
 



そして


クオレのきょうだい集合写真

   シャッターの瞬間 全員横向きました 

shugo100130.jpg

左から ベティちゃん・ティアラちゃん・パーチェくん・クオレくん


それぞれご紹介しましょうね
(驚かしちゃうかと思ってフラッシュたかずに撮ったので黄色いのはお許しを~)


長女 ベティちゃん
ちょっとビビリンだけど自己主張がはっきりしているそうです
少ししたら慣れて尻尾フリフリ寄ってきてくれました

BETTY20100130a.jpg


次男 パーチェくん
最初に寄ってきてくれました
人が好きで手にじゃれついて指カミカミします

PACE20100130a.jpg


次女 ティアラちゃん
the 女の子って感じ
ねぇねぇって感じでじゃれてくれます

Tiarra20100130a.jpg


それぞれ個性があるし、顔つきも違うでしょ?


一緒にいられる期間もあと2ヶ月を切ったけど
仲良く遊ぶんだよ~ 

続きを読む "ご対面 その1"

CUORE誕生

2010.02.07.Sun.00:45
2009年12月18日金曜日

クオレくん誕生の瞬間です

20091218ax.jpg


4頭の1番目 長男です

20091218bx.jpg



CUOREが生まれたのは
pomoのブリーダーさんとは別の方のところです


予約があってから交配するのですが
その家の最後の交配・出産で
たまたま予約の一人がキャンセルされたため
うちの予約を受け入れていただけました


4人予約で 結果4頭出産
(これも重なった偶然のひとつでしょうか)
過去最少とのことでした

もしかしたら3頭かもしれないと
一時は心配されましたが無事4頭生まれました 


うちは4番目
選択権はありませんが
むしろ選ぶ事が出来ないので良かったと思いました


数日前から名前の候補をあげて検討していましたが
momsaさんの仔は長男くんですよ、と連絡をいただき
CUORE(クオレ) と名付けました


CUORE とは
イタリア語で 心臓、元気、勇気、心、良心、気分 を意味します


元気でいてくれること が 私達夫婦の願い

だから CUORE(クオレ)




すくすく 

20091222x.jpg


すくすく 

20091227x.jpg


すくすく 

20091230ax.jpg


すくすく 

20100109ax.jpg


すくすく育っています  

20100128x.jpg
     このサークル乗り越えて脱走もしたなりよ 




元気に育って はやくうちにおいで

待ってるよ CUORE 

20100131x.jpg



    ※写真はブリーダーさんにお借りしました

どきどきは

2010.02.01.Mon.02:20
前記事のどきどき

理由は


20100126xx.jpg



pomoのことを涙なしで語るのは難しいけれど

悲しくてとても言葉にすらできなかった時期が過ぎ

涙が出ても口に出すことができるようになり

そして最近では 「pomoはこんなコだったね」 とか

「こんな時こういうことしたね」 とか

思い出を言葉で語れるようになりました


思い出を語れるってことは

pomoがいないという事実を

やっと受け入れることができたという証なのでしょう




先日 お墓参りに行きました


  pomoちゃんは永遠にうちのアイドルだよ



そして


  弟ができたよ


と 伝えました






予約があってから交配をするブリーダーさん


pomoがまるでご挨拶に伺ったかのように

あの報告をした日にブログを見てメールを下さいました



終了したはずだったのが色々あって

本当の最後の交配を10月にすることになった…

そして予約にキャンセルが出た…

そんな偶然(運命?)が重なり

申し込みを承諾していただき



12月 無事4頭出産



諸事情から我が子が決定するのは

3月末頃になるかもしれなかったので伏せておりましたが


先日どのコか決定し


名前を CUORE(クオレ) と付けました




では どきどきの理由 CUOREくん の 登場です


20100126x.jpg

 ぼく 生まれて1ヶ月

 なんだか知らないおばさんに クオレ って呼ばれて抱っこされたよ

 歯が生えてきてかゆかったから指をかじかじしたりぺろぺろしたよ

 また来るって言ってた

 あとpapaがどうとか…ヨクワカンナイヤ





新しい家族を迎えることを考えた時

里親募集から保護犬を引き取ることを真っ先に思いました

しかし、不思議な偶然が重なり

pomoの繋いだ縁みたいなものを感じて

迷いましたが

またボロニーズを迎えることにしました



今回はpapaがお仕事だったので私ひとりで会ってきましたが

次は一緒に行く予定です

papaがめろめろになる瞬間が見られそうです 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。