スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご協力お願いします

2011.11.28.Mon.17:55
夏に行われたパブリックコメントの第二弾が始まったそうです

お友達のtanuぽんさんのブログ【ダックス・プードル+ネコ<犬だまり+ニャン>】で拡散希望の記事を拝見してこれはできるだけ多くの方に協力をお願いしたいと思い転載します

以下を読んで賛同いただけるなら投票の協力と、ブログやツイッターなどをお持ちの方には拡散をお願いしたいです


8月のは意見をまとめたりなど結構たいへんだなと二の足を踏んだ方も多かったのではないでしょうか?

今回(財)どうぶつ基金さんのフォームを利用すると内容をきちんと読みながらでも20分程度で出来上がるのでお時間のない方にも負担が少ないのではないかと思います

とにかく票を集めなくては何も始まりません

宜しくお願い致します

    


クッキーさんの「チョコ日記」より転載
http://ameblo.jp/yuka-yuri-choco/entry-11084825710.html

以下転載↓↓

8月と同様に、パブコメ第2弾の受付が始まっています

少しでも多くの方に、ご参加頂けるよう

【拡散希望】ですので

皆様よろしくお願いします  

      
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可 (注意:携帯からはcontact@doubutukikin.or.jpからのメールを受信許可してから入力してください。入力内容が自動返信メールで届きます。)
パブコメ記入はこちらから
  ↘↘
クリック→パブコメフォーム (https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934)
クリック→パブコメフォーム (https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097)

※どちらも同じ内容のパブリックコメント記入フォームです。混み合っている場合は別のフォームからお試しください。

本ブログはリンクフリーです。ブログ、ツイッター、SNSなどで広報いただければ幸いです。

公益財団法人どうぶつ基金 理事長 佐上邦久
※この記入は内閣府承認団体である公益財団法人どうぶつ基金が制作管理しています。正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
公益財団法人どうぶつ基金は1988年に設立された「行政による犬猫の殺処分ゼロ」をめざす日本で唯一の公益財団法人です。

こんにちは、公益財団法人どうぶつ基金(内閣府承認)理事長の佐上邦久です。
本日は、あなたに緊急のお願いがあります。
今、環境省が動物愛護管理のあり方について私達の意見(パブリックコメント)を2件求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非あなた様から環境省あて意見を送付していただきたいのです。
やり方はカンタンで、下記の空白を埋めて自分が同意できる意見にチェックを入れて送信ボタンを押すだけです。どうか声なきどうぶつ達のために、あなたの貴重なお時間を少しだけください。

※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
※下記のフォームでチェックを入れた意見があなたの意見(パブリックコメント)として環境省に送られます。(メールの差出人はこのフォームにあなたが記入したアドレスになります。)異なる意見の場合は上記環境省HPを参照して直接お送りください。

クリック→パブコメフォーム (https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934)
クリック→パブコメフォーム (https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097)

どちらも同じフォームです。混み合っている場合は別のフォームからお試しください。


  

前回の集計結果からも分かるように

業者の抵抗は大きく

票をお金で買う行為も見られるそうです


守るべきは


悪徳業者の生活か、動物たちの命なのか 

どうか1票でも多く届きますよう

悲劇の連鎖を止められますよう

ご協力をお願いします 


スポンサーサイト

2011夏旅行 ⑦

2011.08.13.Sat.03:15
シドニーの中心部に聳え立つ Sydney Tower(シドニー・タワー)


ホテルから見えたので適当にその方角に歩いていったら上空に金色のタワー発見!([+]Д・)


でも「入り口どこ???」って最初は探しました

2階まではショッピングエリアなのでふつーにブティックとか雑貨屋さんとかが入っているただのビルに見えるんですよ

その上に飲食店がずら~~~っと・・・ブッフェというか各カウンターは別々の店で、買ったものを好きなテーブルで食べる状態

フロア全体にテーブルだらけで通路がわからず(ないのかも)そのテーブルの間を縫ってタワーに上るエレベーターに辿り着きました



地上250mの観測デッキからの眺望です


シドニー湾  オペラハウスがちょっと見えてます

from the SydneyTower (1)


真ん中から右の方に広がっている緑の森は王立植物園(Royal Botanic Gardens)です

from the SydneyTower (2)


ダーリング・ハーバー

from the SydneyTower (3)


緑の丸い擬宝珠(ギボウシ)のある建物は Queen Victoria Building(クイーン・ヴィクトリア・ビル)です

from the SydneyTower (5)


パディントンの近くにあるスタジアムです

from the SydneyTower (8)

毎日TVでパッと見「ラグビーかな?」と思うフットボールをやっています(生だったり録画だったりするけど必ず毎日やってる)
どうやら通称“オージー・ルールズ”という球技らしいですが見た目はラグビーっぽいけどルールがかなり違います
(ここで説明するにはやはり動画がないと難しいので省きます)
毎夜何気に見てたら段々ルールもわかってきて面白くなりました
すごく人気があって平日の夜でもこのスタジアムがほぼ満席になります


夕暮れ近く

from the SydneyTower (4)

夜景はガラスの映り込みが激しくて残念ながら撮れませんでした


この観測デッキの上に展望台があって外周のバルコニーに出られるサイドウォークというアトラクションもあります

ハーバーブリッジのブリッジクライムといい高い所に生身で出るのが好きですね~


Hyde Park(ハイドパーク)に隣接する St.Mary's Cathedral(セント・メリーズ大聖堂)

from the SydneyTower (9)

中のステンドグラスがきれいらしいのですが知らなかったので入りませんでした(後悔)


前回までに紹介したスポットも上から結構見ることが出来ました




前出の緑の擬宝珠を内側から見るとこんな感じ

VIVTORIA V (3)


ここ Queen Victoria Building(クイーン・ヴィクトリア・ビルディング)は1898年にマーケットとして建設され1980年代に改装されてショッピング・センターになりました

建物はビクトリア調で美しく、やはりまた古さと近代の融合が見事だと感じられます

VIVTORIA V (1)


階段近くのステンドグラスも美しく写真を撮る人々が絶えません

VIVTORIA V (2)


吹き抜け部分に仕掛け時計が飾られています

VIVTORIA V (5)

VIVTORIA V (4)




ろくな下調べもせず出かけたシドニー観光ですが結構楽しんでこれました

お留守番のクオレも心配だったけどたまにはこんな非日常もいいなぁとリフレッシュできたと思います



写真はありませんが、シドニーの面白かった(興味深かった)ことがいくつかあります


まず、真冬だというのに半袖とか半ズボンとかとにかく薄着の人が多いこと
上から下まで完全防寒の人もいるし服装が不思議でした


あと交差点の歩行者用信号はすべて押しボタンが設置されていること
知らずに待っていると青になりません 


ある夜目撃したビルから出てきたひとりの男性・・・ヘルメットにバイクウェア(自転車の)デイパック背負って・・・そこまでは普通に自転車通勤だと思うじゃないですか
なんと! 彼が跨ったのは 一輪車 
自転車と違ってスピードが速いわけでもないし歩くより楽なのかといえばそうでもないでしょ?
バランス感覚を養うため??
わたし的にはひとり心の中で大笑いしてしまった出来事でした 


もっと写真を撮ったつもりだったのですが整理してみたらあれもないこれもない(笑)で伝わりにくい旅行記になってしまったかもしれません

7回にわたって長々と綴ってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました 




(おまけ)
前にちょっと触れましたが、帰国してまもなく愛用の携帯934SHが故障しました
この2年ほどの写真は全てこの携帯で撮影してきたのでさびしい気持ちです
実は訪豪中にもミラー現象(画面の文字や画像が反転してる)を起こしたりフリーズしたり電池の消耗が激しかったりと異常が見られたので、この旅行中カメラを持たない私に最後の力を振り絞って尽くしてくれたことを感謝しています 


2011夏旅行 ⑥

2011.08.10.Wed.08:27
シドニーの周遊バス 

TourBus (3)

15分~20分間隔で運行しており(なぜか平日の朝に40分動かない時もありました)、チケットはビジターセンターやホテルなどでも購入できますがバスに乗車の際に購入できます

最初にバスに乗車した時間から24時間有効で$35

Hop on・Hop off いわゆる乗り降り自由なので結構便利だと思います


二つのルートがありますがどちらも使えます(一周各約90分~120分)



Sydney Explorer(シドニー・エクスプローラー)はシドニー湾~繁華街までの主要観光名所を巡るコース

シドニータワーやダーリング・ハーバーなどホテルから徒歩で行ける範囲でしたので私達は観光には使いませんでしたけど 



Bondi&Bays Explorer(ボンダイ・ベイ・エクスプローラー)はシドニーの東海岸方面を巡ります

TourBus (2)


私達の目的地は Bondi Beach(ボンダイ・ビーチ)

実は乗っていたみんなが同じバス停で降車してました 

BONDAI (2)


さらさらの白い砂浜

BONDAI (6)b


波は割と高めでサーファーの聖地とも言われています

BONDAI (4)


シドニー中心部ではあまり見かけませんがここでは犬の散歩をする人々がたくさんいました

こんなところを毎日散歩できたら気持ちいいでしょうね~ 

110621 (8)



次のバスを待って再乗車

途中「ここが一番見晴らしが良くシドニー中心部が見えるんだよ」と撮影ポイントで停車してくれました

BONDAI (8)



岬をまわって反対側 Rose Bay~ Double Bay はクルーズで眺めた 超高級住宅街

高級住宅をバスからちょこっと撮影してみました

BONDAI (11)

 
BONDAI (12)



途中で下車して Paddington(パディントン地区)へ

テラスハウスと呼ばれる低層の集合住宅が多く、Oxford Street(メインストリート)にはショップがずら~っと並んでいます

PADINGTON ST

平日の昼間のせいか人通りは少なかったです


シドニーでは名産なのか市民の好物なのかわかりませんが、チョコレートショップが多いのでお土産もチョコレートにしてみました

結構有名らしい Max Brenner Chocolate Bar(マックス・ブレナー・チョコレート・バー)に入りましたが、いろんな種類があってメニューを見てもどういうものか想像できないしいちいち説明してもらうのも他のお客さんに悪いので無難なホットチョコレートにしましたがおいしかったです 


地図を見ながら徒歩で Central Station(セントラル駅)へ

CENTARL STATION (1)


シティ・レール

CENTARL STATION (2)

二階建てです

CENTARL STATION (3)

シティ・レールは市内では地下を走っています(郊外は地上らしい)

メトロ・ライト・レールは路面電車です

日本流に考えると逆にとらえてしまいそうですね 


今回交通機関で利用したのはタクシーと周遊バスとメトロ・モノレール(高架橋がシティ・センター駅~ダーリング・ハーバーまでぐるっと環状になっています)でした

いやぁ~今回の旅はホントよく歩きました 

交通がよくわからないというのもありますが、道はきれいだし広いし景色ももの珍しいからつい歩いてしまって・・・

徒歩圏内にいろいろ見所があったというのが一番大きな理由ですが疲れたけど楽しめました 

もし次に行く機会があったら今回行けなかった少し離れた地域に行く交通機関も利用してみたいなと思いました



いよいよ次回は最終回・・・長くなってすみません 


2011夏旅行 ⑤

2011.08.04.Thu.13:35
では Sydney Aquarium(シドニー水族館) 編です


ここはオーストラリア全土の水棲生物650種を展示してあります



カクレクマノミを見つけるこどもたちの声は「ニモ~」世界共通なんですね


世界最小のペンギン、フェアリー・ペンギン

Aqualium (1)




以下は水中トンネルで撮影したので鮮明ではありませんが


エイです

Aqualium (2)


エイの裏側です

Aqualium (3)

あんまり顔を見る機会もないかと思ってアップにしてみました



ちょうどジュゴンのごはんタイム

格子状の柵のようなものに葉物野菜を付けて底に沈めますが、飼育員のおねえさんがプールサイドに来ただけでそばに寄っていって待っていました


撮ろうとした瞬間カットインされました・・・クオレといい勝負です

Aqualium (4)


パシャパシャ撮っていたらだんだん近付いてきてくれました

Aqualium (5)


ごはん食べながらですけどね

Aqualium (8)


近すぎ~っ 

Aqualium (9)

サービス精神旺盛だわっ

じゃ、横顔もね 

Aqualium (10)



ここは何種類かわかりませんがサメもたくさんいます


サメの目

Aqualium (11)


Aqualium (15)

  ↑↓ 種類の違うサメ

Aqualium (19)


これポスターみたいな感じに見えませんか~?(自画自賛?)

Aqualium (23)


そしてこれ↓ 下の影なんだと思いますか?

Aqualium (22)

実はサメのお昼寝です 

Aqualium (27)


このトンネルは床もガラス張りなんですよ

Aqualium (32)

割れないって分かっていてもちょっとドキドキ



こんなにたくさんの魚が共同生活を送っています

Aqualium (34)


ジュゴンとサメが思いっきり堪能できる水族館でした 

Aqualium (35)



まだつづくんだな~ 


2011夏旅行 ④

2011.08.01.Mon.00:11
観光名所の3つのアトラクションがセットになった1ヶ月有効の割引券を見つけたので観光客らしく見物しに行きました


まずは Darling Harbour(ダーリング・ハーバー) に向かいます

Darling Horbour (1)


目的は 水族館と動物園 

この2つとシティにある Sydney Tower(シドニー・タワー) のセットチケットなんです


Cockle Bay(コックル・ベイ) はお台場とか横浜ベイクオーターのような感じで、Sydney Conversation CentreSydney Shopping Centre、 たくさんのカフェやレストラン、映画館などが湾をぐるっと囲んでいます


DarlingHorbour (2)




Sydney Wildlife World(シドニー・ワイルドライフ・ワールド)から見物

日本の多くの動物園とは若干構造が違って、日本では平地に各動物のコーナーがあって自由に周れますが、ここは建物内を順路に従って進みます

蝶・昆虫・爬虫類ゾーンから始まります

エリマキトカゲもいましたよ~

爬虫類はあまり動かないので唯一と言っても良いほど動きのあるエリマキさんは人気がありました


実は最初撮影禁止なのかと思っていたらOKだったみたいで途中から動物を驚かさないようにノーフラッシュでちょこっと撮ったので写真は少ししかありません


大きさがわかりづらいと思いますが、全長5mのモンスター・イリエワニのレックスくんです

ZOO (6)

近くで見たら迫力ありますよ~


オーストラリアといえば カンガルー

ZOO (7)

ごはんの時間だったのかみんな餌場にいました

ZOO (8)

食べてばかりで立ってるところは撮れませんでした 

ZOO (9)



そして クイズにも登場した コアラ

ZOO (5)b

よく落ちないもんです

ZOO (4)

熟睡中  たまに目を覚まして近くにあるユーカリの葉を食べていました

ZOO (1)


これ・・・なんだっけ??→追記:キウイだね、きっと(にあちゃんアリガト)

ZOO (3)


ワライカワセミ  見てる時はわらってくれなかったけど

ZOO (12)
ZOO (11)


ワラビーとウォンバットはたまたま(?)見つけられず・・・多分巣穴にいたのだと思います


最後に蝶コーナーがあって手をかざしているとたまにふわっと止まってくれたりするのでこどもたちに人気でした


ここはオーストラリア固有の動物130種が展示されているらしいですが、最初の蝶・昆虫・爬虫類が多数ですね

もうひとつ前出のフェリー乗り場から行く Taronga Zoo(タロンガ動物園) の方が種類も数も多いみたいです

動物園ばっかり見ても・・・ということでタロンガ動物園は行きませんでした 




水族館編へつづく 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。